北軽井沢 昔ながらのストーブの副産物

3・11の東日本大震災からなのか

その前からなのか

ホームセンターのストーブ売り場に行くと

電気をつかわなくていける石油ストーブが結構な種類展示してあります

喜多などは、昔懐かしい感じがします

常にやかんが乗っていて

お湯が沸いている

干し芋をあぶって食べる

マシュマロをあぶって食べる、など・・・・・

思えば、石油ファンヒーターの台頭により

隅に追いやられていた感がありますが

北軽井沢の山小屋へ来て

ファンヒーターとは別に

ひとつ使ってみるか、という気持ちになりました

sP1050385.jpg

というのは

sP1050403.jpg


昔ながらの山小屋は大変涼しく・・・・・いや、寒く

元々ある大きなストーブだけでは追いつかない状況になったからです

外気はマイナスー10度さらに下がります

朝リビングの温度はマイナスー5度とか・・・・

一気に温めないと温かくならないのです

やかんはもっと雰囲気のある

工事現場で使われるようなを乗っけたかったのですが

売っておらず、その中でも一番大きいやかんを選びました

お湯がシュンシュン湧きます

そこで

電気毛布をやめて

湯たんぽ を使ってみることにしました

この時期、水道管の凍結防止帯のコンセントも入りっぱなしだし

ホットカーペットも点けっぱなしだし

電気を使いすぎる事に後ろめたい気持ちを持ち出していたのも事実です

資源の事を考えてというより・・・・・

電気代が怖くなってきたからです

灯油代もしかり

灯油ガンガン減っていくし・・・・

sP1050401.jpg

寝る一時間前ぐらいにバスタオルにくるんで(低温火傷注意)

足元あたりにそっと入れておくと

温か~~い

足が足湯にはいっているみたいに温まり

心地よく眠れます

朝まで温かさは持続

お~~~~

電気を使わずお湯を沸かせて 湯たんぽにも使える

ついでに この本読みました

益田 ミリさんの 週末、森で

湯たんぽと同じぐらいホンワカします

ストーブ&湯たんぽは山小屋に来て見つけた喜びの一つです

レッツ ストーブ



ムササビリゾート

Facebookページも宣伝
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

喜多

Author:喜多
FC2ブログへようこそ!

北軽井沢の森で出会った古い山小屋。週末だけのはずがいつしか長期滞在になりました。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR