FC2ブログ

湯たんぽ仕舞の儀式

こんにちは

いつも有難うございます 

この地に古くから伝わる儀式がある

儀式は決して他人に見られてはいけない

もし万が一他人に見られた場合は

一族郎党が末代まで寒さに苦しまされる

という言い伝えがある儀式じゃ・・・・ ((((;゚Д゚)))))))

その名も 「湯たんぽ仕舞の儀式」

sIMG_1731.jpg

どういう儀式かと言うと

庭の中程に火を焚く 

煙が真っ直ぐ空に向かって昇りだしたら

まず両手で空にした湯たんぽを捧げ持ち

炎に向かって一礼 

そして空に向かって力強く押し上げる

もちろん晴天の日が望ましい

湯たんぽの水は完全には抜きにくい構造だが

sIMG_1732.jpg

この様にタオルを細くして

最後の1滴まで抜き取るのが好ましい

冬の間暖かく過ごさせて頂き

有難うございますという

感謝の気持ちを込めて 

精一杯腕を伸ばして押し上げる

そしたら炎の周りをグルグルっと一周して

また空に向かって押し上げる 

それを3回続けてから

神棚に湯たんぽを置き

湯たんぽ仕舞のお神酒をお供えする

その時湯たんぽの中から

「魂力(たましいりょく)」 が抜け出ないように

sIMG_1733.jpg

ネットをゴムでとめる

蓋を閉めればいいじゃないかとお思いだろうが

封じてはいけない 

風通しを良くすることで

様々な物

例えば、家内安全、金運などの通りが良くなるのじゃ

一通り終えたなら

お供え物の

sIMG_1448.jpg

峠のおやき なかざわの

sIMG_1451.jpg

団子や

sIMG_1452.jpg

まんじゅうを家族で分かち合い

五穀豊穣を願うのもよかろう

これで終わりじゃ


北軽井沢森暮らしFacebook 


喜多Twitter


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村ポチッとお願いします

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回の記事は構成がすごく凝ってますね~!
「冗談→真面目→冗談→真面目→冗談」という怒涛の展開に、夢中になって読んでいたら、一瞬、冗談のところで信じかけちゃいました…(笑)

いつも思いますが、喜多さんのブログって、本当に面白いです。時々混ざる昭和のエッセンスが、またイイ味出してると思います。作業の合間に見て、一人でニヤニヤしちゃってます(笑)

Re: ぽちさん

> 今回の記事は構成がすごく凝ってますね~!

いやいや構成!?そんな考えてないですよ~~アセアセ
そこを感じるぽちさんがすごい!!
お褒め頂いて有難うございますペコリ
あっ!あざ丸水産!←最近こっているww
昭和のエッセンスての隠しても出ちゃうんですね~。
プロフィール

喜多

Author:喜多
FC2ブログへようこそ!

北軽井沢の森で出会った古い山小屋。週末だけのはずがいつしか長期滞在になりました。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR