FC2ブログ

サヨナラ蜂の巣

こんにちは

いつも有難うございます 

9月の初めに 蜂の巣が出来た って話をしたら

沢山のアドバイスコメントを頂きまして

誠に有難うございました 

駆除に関して思いあぐねているうちに

時間が過ぎたある日

sIMG_5527.jpg

デッキで鳥の唐揚げを食べていたら

いつもの偵察隊よりうるさい蜂が1匹

弥次喜多は初めて室内に退避しました 

sIMG_5536.jpg

翌日の朝になっても網戸にへばりついているし

弥次さんが意を決したように

「ダメだっ!駆除しよう」 と絞り出すようにうめきました 

管理事務所に電話したら

明日の午後に伺いますと

これですべては終わる・・・・

喜多は泉谷しげるの春夏秋冬を思い出しました

sIMG_5537.jpg

それから蜂の巣を見てみると

蜂たちは何も知らずに巣をネチョネチョ作り

子育てをして一生懸命生活を営んでいます

喜多の胸はギュッとしめつけられて

この蜂たちの命を左右できる立場にいる自分が

少し嫌いになりました |ω・`)

明日お前たちは・・・・

そう思うとまんじりともせず朝を迎え

重い気持ちのまま午後になり

蜂にとって良い決断が下せないまま

作業車が到着してあれよあれよと言う間に

作業が進んでいきます 

床上げの2階なので3階に相当する場所

2階の窓からの作業になりました

sIMG_5549.jpg

この階段の上

sIMG_5550.jpg

長い棒の先に業務用バルサンみたいのがついてて

蜂の巣の穴に差し込みます

sIMG_5551.jpg

途端に蜂達の攻撃が始まり

そして終わっていきます

sIMG_5553.jpg

巣の周りを飛ぶ蜂は別の薬剤を散布

高い場所なので足場を組まないと

巣の撤去は出来ないと言っていたお兄さんが

長い棒で巣を撤去してくれました

キイロスズメバチ だそう

sIMG_5554.jpg

下に落ちた白いのが巣の半分

1階の部屋より窓越しに観察

sIMG_5555.jpg

色々な道具を使うのですね

【閲覧注意】蜂の巣の写真 



sIMG_5556.jpg

巣もお兄さんがもって帰ってくれました

全てが終わってシーーンとした山荘で

確認に行ってみると

sIMG_5557.jpg

壮絶な戦いを物語る薬剤の跡と

空っぽの穴 

時間にして20分~30分か

ごめんねと言ってみても

なぜか空々しく響くだけ

丁度タイミング良く出掛けてた蜂が何匹か戻ってきて

しばらく巣のあったところでホバリングしてたけど

どこかに飛んで行った 

どこの世界にもタイミングが良い奴っているもんだなと

ぼんやり思った

北軽井沢森暮らしFacebook 


喜多Twitter


にほんブログ村ポチッとお願いします
プロフィール

喜多

Author:喜多
FC2ブログへようこそ!

北軽井沢の森で出会った古い山小屋。週末だけのはずがいつしか長期滞在になりました。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR